PVアクセスランキング にほんブログ村

信用

こんにちは。昨日の涼しさはどこへやら今日は暑い日が戻ってきました。

家のポーチとドライブウェイの花が虫にやられてるので今日は薬を撒きました。

f:id:MsA:20210623043450j:plain

私虫が大の苦手なんで申し訳ないですが、虫さんたちにはいなくなって欲しいです。

 

 

今日は2週間に1度のカウンセリングでした。

今回もEMDRなしでした。最後のセッションから今日まで色々ありすぎてその話をしていたら

あっという間に1時間が過ぎてしまいました。

 

今日は信用と自信について書きたいです。

私は本当に自分に自信がありません。

これは幼少期の育ち方に関わってくるんだと思います。

何をしても親から認められることが少なかった私、自分がやることに自信が持てませんでした。それを何十年も引きずって生きてるんですね。

たいていいつも自分の行動や言動を後で振り返っては「あーすればよかった、こうすればよかった」と後悔するんです。めちゃくちゃ面倒臭い人間です。それに重ねて人の顔色を伺う、自分のことより人が喜びそうなことをする、言うのが先決で自分のバウンドリーがほとんどない人です。だから生きていて疲れることが多いです。

それらを克服して自分らしく(というか自分らしさって何か)生きれるようにカウンセリングに通っています。

毎日シャワーを浴びながら、料理をしながら、洗濯しながら、犬の世話をしながら、朝支度をしながら、夜眠りにつく前、とにかく暇な時間があると何が自分らしさなのか、自分らしく生きるって何なのか、とかいろいろ考えています。

そしてここ最近ふっと思ったことがありました。

私は自分自身を信用してないんじゃないかと。

私は上のように書いた性格の上のに人をあまり信用していません。

誰かが私を褒めてくれても、疑ってかかり、人が何かしてくれても何か裏があるのじゃないかと思ったり、素直じゃないんですね。それらも幼少期の頃の育ち方、子供の頃にあったいじめ、それ以外にも成長過程での対人関係が影響してるのではないかと思います。

こうやって書くと本当に私って面倒臭い人間です。

でも、人をあまり信用してないけれど、私は最も信用してないのは私自身ではないかと思い始めました。

なぜなら、例えば自分の中で何かを決めても絶対に人に宣言しません。

それが100%確実になるまで人には言いません。

私は過去にタバコを吸っていたことがありましたが、止めることを人には言わず人に指摘されても「ちょっと今は(タバコを吸うのを)休憩中」って言ったり、何かをしようと思ってもそれがし終えるまで人に言いません。それは私自身が自分の言動、行動を信用してないからじゃないかと思い始めました。

次回のカウンセリングではその辺を深く掘り下げてみたいと思います。